top of page
モアナ・パーク / MUTU 睦 メルロー/カベルネ・フラン 2019

日本人が日本人のために日本の食シーンに合わせて造った NZ ワイン

寺口信生氏は、ニュージーランドでワイン造りを行う醸造家の中でも異色のキャリアを持ちます。北海道・帯広畜産大学で醸造について学び、余市ワインに就職して 7 年間ワイン造りに従事した後、語学と醸造を学ぶため、ニュージーランドに渡りました。帰国後、当時は日本ワインの黎明期だったこともあり、ワイン造りの夢を断念。成城石井のバイヤー・輸入担当として、また同社の自社商品の輸入を行う会社で代表取締役として長年にわたりキャリアを重ねてきました。輸入、販売、マーケティング、 経営、これらの経験を通じて、日本の食卓を知り尽 くした寺口氏が、再び醸造家としてニュージーランドに渡り、自らの手でワインを造る夢を実現させました。 

MUTU 睦とは ニュージーランド、ホークス・ベイにある「モアナ・パーク」のワイン醸造家である寺口氏が、ワイン造りのコンセプトから醸造に至るまでを監修し、手掛けるブランド。「MUTU」は、ニュージーランドの先住民であるマオリの人たちの言葉で真髄、エッセンスを意味します。マオリの文化をリスペクトした「MUTU」というネーミングに、日本語で友情や繋がりといった意味がある「睦」という漢字を当て、それぞれの国のワイン文化の真髄を理解し、共に歩んでいきたいという思いを込めています。ニュージーランドの土壌が生むブドウのポテンシャルを引き出しながら日本の食シーンにマッチする、2つの国のエッセンスを睦まじく合わせることを考え、造られるワインが「MUTU 睦」です。

 

MUTU 睦 メルロー/カベルネ・フラン 2019

(メルロー 85%、カベルネ・フラン15%)

小型のオープントップのタンクで醸造。5 日ほど低温醸しを行い、その後 2 週間かけて発酵し、フレンチオーク樽(新樽比率 50%)で 18 カ月熟成。ブルーベリー、ブラックベリー、プラムの香り。しっとりやわらかな口当たり。カベルネ・フランのしっかりとした渋みと樽由来の甘みの複雑な味わいが口中に広がります。

 

◇寺口氏によるペアリングコメント 「ラム」とのペアリングは絶品です。その他のお肉に関しても、脂身というよ りは赤身系のお肉を合わせると美味しくいただけます。ソースでしっかりとした味付けにしたお肉というよりは、塩コショウで味付けしたようなシンプルな お肉料理と合わせていただきたいです。 

 

寺口氏の好みの赤ワインが、シュヴァル・ブランだそうです。

完熟したカベルネ・フランが上手にワインに骨格を与えています。

モアナ・パーク / MUTU 睦 メルロー/カベルネ・フラン 2019

¥5,500価格
    bottom of page