カ・ルガーテ / ステュディオ・ビアンコ・ヴェネト 2017

Ca’は”Casa=家”、Rugate は”ルガーテの丘”のことを指しており、ワイナリー名は「ルガーテの丘の家」という意味で、1986 年に名付けられました。それまでのワイナリー名は、現在のオーナーで あるミケーレの祖父、フルヴィオの名前を冠した「アジエンダ・アグリコーラ・テサリ・フルヴィオ」でしたが、テサリという苗字はこの地域ではありふれた名前であるため、私たちの家という意味 を込めて名付けたそうです。テサリ家は 500 年以上続く歴史ある農家の家系で、1900年頃に自家製ワインの販売を始めました。1915 年生まれのフルヴィオ・ベオが、1930 年代には父からワイナリーを引き継ぎました。「祖父は小柄ではありましたが、とても勇敢で偉大で、ワイン造りに情熱を注いだ人でした」とミケーレは語ります。1940 年代、第二次世界大戦中、フルヴィオはフランスへの従軍中にドイツ軍に捕まり、捕虜となってしまいました。しかし、彼は友人と共にイタリアへの逃 亡を決断します。なんとか逃げ出したフルヴィオは、フランスのコート・ダ・ジュールの畑を抜け、ようやくイタリアまで帰ってきました。その道中で、房が小さく、高い品質の葡萄が実る美しい葡萄畑を目にしたそうです。「こん な葡萄をイタリアでも造ることが出来たら、どれだけ素晴らしい事だろう!」 こうして、フルヴィオの挑戦が始まりました。

 

トレッビアーノ 60%、ガルガーネガ 40%

ソアーヴェ・クラッシコ・エリアのモンテフォルテ・ダルポーネの北に位置する、33 のクリュのひとつトレメナルト(Tremenalto)の中の単一畑からのワイン。畑は火山性土壌で、斜面(斜度 35%)にはギヨー仕立てでトレッビアーノを、上部のテラスにはペルゴラ仕立てでガルガーネガを植えています。トレッビアーノが骨格と長期熟成の可能性を与え、ガルガーネガがエレガントさを与えています。葡萄は別々に、50%ステンレスタンク、50%はフランソワ・フレールの 2~3 年使用樽(680L)を使用して発酵、ブレンドして約 9 ヶ月熟成させています。ポプリやグリーンティのブーケ の中にかすかに白い果肉のフルーツ、火打ち石の香りが感じられます。口に含むと深みと広がりがありますが、重たさは感じられません。フレッシュでアロマティックな香りは、リッチで驚くほど長い余韻へと続きます。

カ・ルガーテ / ステュディオ・ビアンコ・ヴェネト 2017

¥3,850価格
  • 配送はヤマト運輸にてお送り致します。

    7月から9月までは、輸送中の品質保持のため、

    クール便にてお送り致します。ご了承くださいませ。

    4本までは、通常便1,034円(税込)となります。

    クール便ご希望の場合は別途220円(税込)頂戴致します。

    4本から6本までは、通常便1,276円(税込)となります。

    クール便ご希望の場合は別途330円(税込)頂戴致します。